運用のしくみ

SUSTENならすべておまかせで運用可能。
そのしくみをご説明します。

自社のファンドを通じて、自動的に投資

SUSTENではお客様からお預かりした資産を、自社で運用する投資信託(ファンド)に集約させて、世界中の株式、債券、通貨などあらゆる金融商品に投資をしています。
また自社の投資信託を用いることで、一般的なファンドラップと比較して運用にかかるコストを低減させています。

* ARP(オルタナティブ・リスク・プレミアム)とは
ARPとは、オルタナティブ・リスク・プレミアム(Alternative Risk Premium)の略称で、これまで個人投資家では投資することが難しかった、株式に依存しにくい収益源です。伝統的な株式や債券の国際分散投資ポートフォリオと組み合わせることで一定の分散投資効果が期待されることから、海外の機関投資家での採用が進んでいます。

国内外の様々な金融商品への投資

日本を含む​23の先進国と24の新興国に投資。
セクターや業種に偏らず、大型株を中心に​約2,900の株式に投資します。​

主な投資対象

金融商品

  • 株式
  • 債券
  • 先進国通貨
  • 上場
    デリバティブ
  • コモディティ

国・地域

  • 日本
  • 先進国
  • 新興国
  • すべての金融商品および国・地域に投資するとは限りません

リスクレベルについて

資産運用におけるリスクとは?

「すべての投資はリスクを伴う」と言いますが、資産運用におけるリスクとは「不確実性」のことを指します。
金融業界ではどのくらいリスクが伴うかを数字で表現するために様々な評価方法が考案されてきましたが、広く使われるのはその結果のばらつき具合を数値化するものです。
一般に、ハイリスクと呼ばれる投資行動は、結果のばらつきが大きく、ローリスクと呼ばれる投資行動はその逆に、結果のばらつきが小さいものをいいます。

9つの運用タイプと
リスクレベル

SUSTENでは9つの運用タイプに1〜5までのリスクレベルが割り振られています。運用タイプは課税口座、リスクレベルはNISA口座のポートフォリオの比率を決定します。

  • 信頼の世界経済タイプ

  • 不易流行タイプ

  • ヘッジファンドタイプ

  • 伝統的理論タイプ

  • モダニストタイプ

  • 安定バランスタイプ

  • 理想追求タイプ

  • 機動的守備タイプ

  • 質実剛健タイプ

  • タイプ信頼の世界経済

    リスクレベル4~5

    「信頼の世界経済タイプ」は主に世界の株式に広く投資し、高いリターン獲得を目指すポートフォリオです。長期的な期待リターンは高いものの、同時に不確実性も高く、景気が冷え込んだり資本市場が不調になったりすると大きくマイナスになる局面もあるのが特徴です。投資の時間軸を長く取れる投資家に適しています。​

    期待リターンの大きさ
    5
    パッシブ
    アクティブ
  • タイプ不易流行

    リスクレベル4~5

    「不易流行タイプ」は世界の株式に対する投資を主軸にしつつも、一部に非伝統的な収益源(ARP)を取り入れるポートフォリオです。このようなポートフォリオの構築の仕方は機関投資家にも広く見受けられ、株式や債券といった伝統的な資産だけで構成するポートフォリオよりも高い投資効率を狙います。

    期待リターンの大きさ
    4
    パッシブ
    アクティブ
  • タイプヘッジファンド

    リスクレベル4~5

    リスクに対する許容度が高く、また市場に対する特定の見通しを持たない投資家にとって、もっとも投資効率が高くなることが期待できるのが「ヘッジファンドタイプ」です。株式とARPという2つの収益追求ドライバーをポートフォリオにバランス良く組み込むことで、長期的に株式と同等のリターンを相対的に小さいリスクで実現しようとします。

    期待リターンの大きさ
    5
    パッシブ
    アクティブ
  • タイプ伝統的理論

    リスクレベル2~3

    「伝統的理論」はその名の通り、伝統的な投資理論に基づき世界の株式と債券に資産を分散して投資するポートフォリオです。このタイプには60-40ポートフォリオ(シクスティ フォーティ)と呼ばれるものも含まれており、米国では古くから個人投資家の保有すべき基本ポートフォリオとされてきた歴史があります。​

    期待リターンの大きさ
    3
    パッシブ
    アクティブ
  • タイプモダニスト

    リスクレベル3~5

    「モダニストタイプ」は、株式よりも非伝統的な収益源(ARP)に対する投資比率を高めた前衛的なポートフォリオです。長期的な世界経済の成長に確信が持てない、または株式市場の先行きに不透明感を持つ投資家にとって適する可能性があります。

    期待リターンの大きさ
    4
    パッシブ
    アクティブ
  • タイプ安定バランス

    リスクレベル2~3

    「安定バランスタイプ」では、株式やARPよりも債券に対する投資比率を高めに設定したポートフォリオです。資産を増やすことも狙いつつ、どちらかというと守りを重視したい投資家に適しています。株式市場が好調なときには株式に対してリターンが劣るものの、不景気時や市場が混乱しているときには相対的に安定することが期待できます。

    期待リターンの大きさ
    2
    パッシブ
    アクティブ