SUSTENの特徴

Features

サービスコンセプト

資産運用は科学である

私たちの運用哲学の根幹をなすのは科学です。

かつて天動説が主説であった「神話時代」に、ケプラーが惑星の楕円軌道を発見し「科学時代」へと移行したように、我々も資産運用を「人間の好き嫌い/勘」から「科学」へと移行させるべきと考えます。

私たちが提供する運用では、人間の場当たり的で近視眼的な投資行動や認知バイアスを排除し、すべての意思決定を科学的プロセスを経て承認された計量モデルにより行います。

また、私たちは「リターンの源泉はリスク・プレミアムにある」と考えます。リターンは、リスクを抱えることに対する対価であるという考え方です。ただし、リスクを抱えたからといって必ずリターンが得られるわけではありません。可能な限り不必要なリスクを排除することで、運用効率の向上を目指します。

品質の高い分散投資を

現在、日本の個人投資家向けに提供されている分散投資といえば、ノーベル賞を受賞したハリー・マーコウィッツにより1952年に発表された理論や、同じくノーベル賞受賞者であるウィリアム・シャープらにより1964年に発表された理論に基づき設計されたものがほとんどです。中には、理論背景が不明な、恣意的な配分比率によるものも見られます。

しかし後の研究では、上述の理論には実務上の課題がいくつも指摘されることとなり、最先端の機関投資家において、これらの理論がそのまま利用されることはほとんどありません。

私たちの運用では、そのような50年前の理論にも敬意をはらいながら、2000年代以降に研究されてきた理論も実装します。資産クラスの分散にとどまらず、様々なリスク・プレミアムを大分類で6種類活用することで、現代の機関投資家の要請に耐えうる品質の高い分散投資を実現します。

とことんフェアに

現在の金融サービスには、金融機関の利益が優先され、顧客の利益が第一であるとは言い難いものもあります。私たちはそういった慣習を見直し、「完全成果報酬型の料金体系」を取り入れることで、インデックス投資にも引けを取らないコスト水準を目指します。

従来の資産運用サービスにおいては、資金を預け入れることで発生する「固定報酬」をベースにした料金体系が一般的ですが、私たちはそれを一切いただかず、お客さまそれぞれの運用成果に応じた「成果報酬」だけをもらい受けます。運用成果にコミットしそれを分け合う「プロフィットシェア型」の料金体系でこそ、お客さまと運用会社が、同じ方向を目指して歩むことができると考えています。

投資の3原色

SUSTENでは、投資家ひとりひとりの資産運用に対するニーズを「色」と同様に捉えています。
無数の光や色が「赤・緑・青」の3原色と呼ばれる色の組み合わせで表現できるのと同様に、資産運用のポートフォリオも3つの主要素で表現できるという考え方です。
従来の資産運用サービスの多くは、上記のうち緑の要素を持ち合わせておらず表現できる色には限界がありました。SUSTENでは3色全てを用いることであなた色のポートフォリオを調合し運用することが可能です。

WEBページで簡単な診断を受けていただくだけで、ご自身に合ったポートフォリオの色を診断することができます。

世界の経済成長の恩恵を享受しやすいタイプ
景気に連動しにくい絶対収益型のタイプ
リスクの低い守りに徹したタイプ

投資対象

金融商品


  • 世界株式

  • 世界債券

  • 先進国通貨

  • 市場
    デリバティブ

国・地域


  • 日本

  • 先進国

  • 新興国